人生に関する価値観は本当に人それぞれ異なっていますから、どのようなことにどのくらいのお金をかけるかというのも、ある人からしてみればおかしい、と思うことであっても、ある人からしてみればそれは必要な投資である、という味方を持つことが多くあります。いわゆる「投資」はそこから必ずしも将来的にメリットが得られるという点が確証されていないにしても、その投資を行うこと自体に意味があると考えている方も少なくありません。

保険に加入するということも、そういう点では『投資』と言えるかもしれません。私たちは将来に向けての投資を、保険に加入することによって行っています。貯蓄型の保険であれば特にそう言えるでしょう。

私たちは保険に信頼を寄せていますから、より自分たちにとってベストな保険を選びたい、と思うことでしょう。そのためには、今現在何らかの保険に加入しているとしても、それが自分や、また一緒に加入している家族にとってベストな選択ではないのだとしたら、それを積極的に変えていくような姿勢は、間違ったものではありません。保険について見直すとき、自分の知識だけに頼るのではなく、FP(ファイナンシャル・プランナー)のような、保険のことを知り尽くしている人に見直してもらうのも良いかもしれません。

ベストな保険を選ぶ