通常、すでに加入している保険を、なんの理由もなしに変更するということはありません。しかし、今回はそれをあくまで『推奨』する点において、それにはメリットがあるということを取り上げています。保険を見直すメリットは、先程も少し取り上げたように、自分にとって保険がどのような意味合いを持つのかを考え直すこと、そして生涯に亘って支払っていく保険料が、加入している保険から得られるものに合致しているのか、という点を見直します。

例えば、今現在加入している保険が、自分にとってベストとは言えない状態である、ということがあるかもしれません。ある程度高額な保険料を支払ってはいるのに、それに見合った保証が将来得られる確信がない、ということがあるでしょう。

たとえば、保険には将来自分の身に降りかかるかもしれない、治療が難しい病気、いわゆる『先進治療』が必要になる病気に対応することができる保険があります。それらは、たしかに将来難病などにかかったときに役立つものとなりますが、今から高額な保険料を支払ってそれに準備する必要があるのか、と考えると、可能性の低い病気のために高額な保険料を支払う必要はない、と考えることもできます。

保険の必要性を考える