私達が将来のことについて考えるとき、それ以上の、将来のことについても考えています。私達の将来は何も約束されていないからこそ、いわゆる『金銭的』なことについて、何ら考えてしまうのは無理もないことです。そうすることによって、潜在的に私たちは将来の可能性を求めているのであり、同時に考えられる『リスク』を回避するようにしています。

たとえば、今は私たちは健康的な生活を送っていますが、それが将来も同じように健康的である、とは限りません。いいえ、私たちは年齢を重ねていくに連れて、必ずと言ってよいほど健康面に関して何らかの悩みを抱えるようになるでしょう。どれだけ食生活等においても健康的な毎日を送っているとしても、そしてそれを将来までも続けているとしても、年齢を重ねたときにそのリスクが増えていくということは変えられません。ですから、そのリスクを理解した上で、今から何らかの手を打たなければなりません。そして、そのために私達が加入することのできる、『保険』というサービスがあります。

皆さんは保険というものをどのように考えておられるでしょうか。ある方は、まさしく保険は人生における保険であると考えています。しかしある方にとっては、ただ周りの人が加入しているから自分も…と思っています。そのような捉え方の違いで、保険見直しの必要性に関しても違いが生じます。皆さんは、いま加入しておられる保険をどのくらいの位置で考えているでしょうか。

将来の為の保険見直し